2011年07月30日

嶋村さん、コメントありがとうございます


おかげさまで写真を取り込むことができました。
最近は携帯電話で写真を撮ることが多く、埃をかぶっていたデジカメ(Fuji FinePix S9000)を取り出して使ってみました。
USBでピクチャーカードを読み込んで、処理し、うまくいったので、ほっとしています。
これから、この方法で、できるだけ写真も掲載していくつもりです。
なお、プロフィールに、塾の概要(所在地、指導時間、料金他)を記載したホームページのURLを貼り付け、リンクすることもできました。
ありがとうございます。
posted by 寝村出見 at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

算数の探検

遠山 啓先生の「算数の探検」(全10冊)が届きました。
楽しい表紙、美しい装丁の素晴らしい本ですが、中身はもっと素晴らしいです。
この本は指導者用ですが、お子さんと一緒に読んでもいいし、
小学校の高学年の生徒さんでしたら、一人で読んでも楽しめます。

DSCF1861.JPG


DSCF1863.JPG


DSCF1860.JPG





posted by 寝村出見 at 19:33| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

中学生の数学指導から

中学2年のA子さんは、学校で連立方程式を習ったばかりです。

次の問題は、すらすらと解けました。
問題1)50円切手と80円切手を合わせて30枚買ったところ、代金が1860円でした。50円切手と80
円切手を、それぞれ何枚買ったか求めなさい。

でも、次の問題は歯が立ちませんでした。
問題2)A市から110km離れたC市まで行くのに、途中のB市まで時速40kmで走り、B市から
C市までは高速道路を100kmで走ったので、全体で2時間で着きました。A市からB市ま
での道のりとB市からC市までの道のりを求めなさい。

この問題では、まず、時間=道のり÷速さという式を思い出して、分数の方程式を作って解くこと
が必要です。

A子さんは、割合の問題も、どのように式を立てたらよいか見当もつきませんでした。

割合の問題では、たとえば、20%減るということは、(1-20)=0.8と考えて、少数の方程式
を作って解く必要があります。

A子さんに、上のような説明をすると、その場ですぐに理解できました。塾で歯が立たなかった問
題を宿題に出しました。ちゃんと式を立てて答えを出してきたら、彼女は、速さと割合の連立方程
式の問題を、クリアしたことになります。次の指導日が楽しみです。
posted by 寝村出見 at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする